スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告
トラックバック(-) コメント(-)

自作攪拌用底面フィルター【3】

ついに完成しました~。
※動画あり
RIMG0020


RIMG0019

RIMG0020

RIMG0021

RIMG0022

こんな感じになりました~。
エアポンプは最大吐出量が2500cc/分の水心 SSPP−3S(エア量ダイヤル調整式)です。
これを付けると…
エアリフトしませんでした…(´・ω・`)
何故かと言うと…
エアストーン プチ Petitの抵抗が強すぎたのとエアポンプの吐出量が低過ぎたからでした。
エルボ(L字の塩ビ管)を外してみると…


こんな感じ。
こんな勢いではエアリフトできませんね…(´・ω・`)
と言うわけで、エアストーン プチ Petitは外しました。



段違いですね。
この勢いならエアリフトができますね。
エルボを付けてみると…



かなり良い感じです!(・∀・)
前半が1本だけ開放した流量で、後半が2本開放したものです。
残念ながら吐出量2500cc/分では2本までしか開放できませんでしたが、前回ポチった安永電磁式エアーポンプ(ブロワー) AP−30(省エネ型)なら12倍の30L/分の吐出量なので、確実に4本ともフル回転させることができます。

次回はブロアーの配管が終わったら更新する予定。

関連記事

Google+       にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ                      ↑  クリックして貰えると励みになります(・∀・)  ↑

2013/05/05 11:32 自作・改造
トラックバック(0) コメント(0)

<< カメさんの寝相33【3】 | | 自作攪拌用底面フィルター【2】 >>









| トップページ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。