スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- スポンサー広告
トラックバック(-) コメント(-)

ミスジドロガメの蝶番(ちょうつがい)

蝶番があるのは実はハコガメだけではない。
ドロガメにも蝶番が付いているのである!!
2012y04m17d_130437473


ドロガメにはハコガメと同様に蝶番が2つある。
2012y04m17d_130437473
まず、ミスジドロガメの腹甲を見てみよう。

カメの腹甲にはこのように名前がある。
腹甲2

甲板の間には継ぎ目(シーム)がある。
腹甲1
子亀の場合には生まれた時の甲板、初生甲板がある。
これは成長していく過程で見えなくなっていく。

そして、蝶番だがドロガメ属(Kinosternon)の腹甲には2つ蝶番がある。
1つは胸甲板と腹甲板のシームにある前の蝶番。
もう1つは、腹甲板と股甲板のシームにある後ろの蝶番。
腹甲3
これらの蝶番の利点は乾燥や敵から身を守る為だけではなく、産卵時に卵詰まりせず大きな卵を産むことができることである。
ちなみに、属名Kinosternonは「動く胸」の意で、蝶番に由来する。

時にはこのように『だらーん』と寛ぐのにも使わるとか使われないとか・・・
RIMG0016

兎に角、カメは神秘的な生き物なのである(・∀・)

関連記事

Google+       にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ                      ↑  クリックして貰えると励みになります(・∀・)  ↑

2012/04/17 14:17 ミスジドロガメとは
トラックバック(0) コメント(3)

<< ソイルを噛み噛みするカメさん | | 亀は鳴くのか? >>


ひゃ~勉強になりました\(◎o◎)/!

ね・・・カメちんってすごく神秘的ですよね
だら~んと寛いでる姿かわゆいです♪

2012/04/17 19:08 はあと♪ URL 編集



うわ~!
ホントだ、蝶番になってるぅ。
ビックリです。
甲羅の枚数は同じでも、ミドリガメよりも工夫がなされているんですね~
勉強になりました。

では~

2012/04/18 08:06 かめLOVEパパ URL 編集



コメントありがとうございます!
>はあと♪さん
カメは神秘的ですよね~(・∀・)
これらの情報は私も調べて知ったんですけどねw
もしかしてら、間違いもあるかも・・・(;・∀・)
では~。

>かめLOVEパパさん
ビックリですよね~!
この状態を初めて見た時は骨折しているんじゃないかと驚いちゃいましたよw
ではでは~。

2012/04/18 10:38 N2N28 URL 編集










| トップページ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。